乗馬 ブーツ とは?

乗馬ブーツ

ブーツ 乗馬用

ブーツは乗馬をする際には必ず必要です。乗馬をする時のブーツは脚にピッタリ合うことと丈夫であることがとても重要です。

最近では輸入ものの既製革ブーツが多く使用されているようですが、通常の足のサイズ、ふくらはぎの太さ、脚の長さの3点で一番合うものを探すさい、この3点がピッタリ合う乗馬用ブーツを探すだけでもかなり難しいんです。

また、 人間の脚は左右が違うのはご存知でしたか?全てとはいいませんが、殆どの人が左右の足のサイズ、ふくらはぎの太さが違う場合がほとんどなんです。

そしてブーツ 乗馬用の長靴で一番重要なポイントは足の甲の高さなのです。この甲の高さが人によってまた千差万別なんだそうです。この足の甲の高さがピッタリ合わないとブーツの中でかかとが浮いてしまい、非常に乗馬をする際に不向きなブーツになってしまいます。

この足の形、足のサイズ、甲の高さ(2箇所)、ふくらはぎの太さ、脚の長さがピッタリ合たった時に、乗馬が楽しくなり、早く上達するブーツ 乗馬用長靴が出来上がります。
タグ:乗馬 ブーツ

乗馬ブーツ

乗馬で使われているブーツのこと

乗馬ブーツは、主にブリティッシュスタイル(イギリス)の乗馬術のシーンで、騎乗時に騎手が着用するブーツです。

乗馬ブーツは本革製で膝下くらいの高さまであるものが多く頑丈で長持ちします。 特にデザインや形状などで通常のブーツと大きく異なる点は見当たらないのですが、鞍や馬体にフィットするように意図して作られているそう、この為ファッションの乗馬ブーツ型とは履き心地がまず違うといえるでしょう。

もちろんではあるのですが、馬場馬術競技などにおいてはほとんどの大会や競技会において着用が必須とされています。1つのユニフォームとして考えればわかりやすいですね。

ちなみに、競馬など馬術の場合、障害飛越競技においては乗馬ブーツの「編みこみ」の有無は問われないらしいのですが、馬場馬術競技では通常編みこみ無しの長靴が義務付けられるというちょっとしたトリビアがあります。

馬術用語としての呼び方は正式には「革長靴(かわちょうか)」といい、略して「カワチョウ」と呼ばれることも多い。 対してゴム製の乗馬用長靴は「ゴムチョウ」と呼ばれる。
タグ:乗馬 ブーツ

乗馬ブーツ

乗馬用ブーツのはき心地

乗馬用ブーツの履き心地ですが…正直キッツいです(^^;

やっぱりといったらやっぱりなんですが、特にかかとの部分がとても気になってしまいますね。普通の靴とは違ってかかとの部分の作りは絶妙な幅が必要なんだそうです。

レンタルの乗馬用ブーツで最初は我慢するしかないと思いますが、その内慣れてきたらオーダーメイドの自分専用乗馬ブーツを手に入れたほうがいいと思います。

せっかくだから足の事なんて気にせずに乗馬を楽しみたいですよね☆
ちなみに乗馬用ブーツを作る職人さんもブーツの踵部分には特に気を使っているようです。

乗馬ブーツ

乗馬用ブーツとは

乗馬用ブーツは、一般的にライディングブーツとして乗馬のシーンだけでなくファッションでも認知されているブーツのこと。

そこで改めて乗馬 ブーツ(ライディング・ブーツ)とは乗馬用ブーツの総称で、乗馬用にデザインされたレザーブーツのことです。

特にジョッキーブーツとよばれる膝下丈で足にフィットしたものを指すことが多い。
(広義にはジョッパーブーツに含まれるといいます)
さらに、ジョッキーブーツとは何かというと、ライディングブーツの一種という位置付けで、競馬の騎手(ジョッキー)が履くロングブーツのことをさす。
ジョッキーブーツ特徴は乗馬時に足元があぶみを探りやすいようにつま先が細めで、足にぴったりとフィットする形の乗馬ブーツ。
特にふくらはぎにフィットさせる目的で履き口の後ろ側が高くなっている場合が多い。履き口の色を変えたトップブーツ型や、履きやすいようにプルストラップを付けたものもあり、乗馬の際の個人の好みに合わせられるようになっています。
現在のファッションシーンでも、この乗馬用ブーツを原型にしてさまざまなデザインのロングブーツがあらわれていて、街中にいても老若男女限らず乗馬用ブーツにインスピレーションを受けたファッションブーツを多く見かけますよね。
タグ:乗馬 ブーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。